晩翠リーフィアさん

リーフィアと頑張るトレーナーのブログ

【アクバ杯】晴れ舞台は雨模様?青時雨式雨パ!

初記事です。その割に長いです。

このブログは、今までのシーズンで使ってきたPTを下書きにまとめるだけのモノだったのですが、今回パンオレさん主催の「第5回アクバ杯」に参加させて戴いて面白い構築を作れたので紹介したいなと思い諸々書き足してこの記事だけ公開することにしました。

以下常体。

【構築経緯】

まず、PTを練るにあたって事前考察を行った。事前考察の末、アクバ枠に「アクバ枠対策のアクバ枠」を採用して有利対面からゲームを進める構築が強いだろうという結論に至った。そこで、今大会で強いアクバ枠だろうと思ったメテノ、フワライド、カプ・コケコとそれらの対策になるマンムー、霊獣ボルトロスなどにも一貫して強いポケモンを構築のエースにすることを目指した。

そこで見つけたのが「メガラグラージ」。雨下でコケコ、霊獣ボルト、マンムーを上から倒せることやメテノとフワライドも先に展開することさえ出来れば勝てるので互角以上に渡り合えるところを評価した。その後、アクバ枠のアーケオス、いつか使ってみたいと思っていた雨乞いリーフィア、雨を止める高耐久草ポケモンに強くラグマンダ偽装ができるメガボーマンダを採用。最後2枠はダゲキエレキブル、ヒートムなど色んなポケモンを試したが、最終的にマンダ軸の選出の補完且つ草タイプの牽制に優秀なウルガモスジバコイルを採用して構築が完成した。

f:id:skuma470:20170908144406p:plainf:id:skuma470:20170908144358p:plainf:id:skuma470:20170908144334p:plainf:id:skuma470:20170908144345p:plainf:id:skuma470:20170908144415p:plainf:id:skuma470:20170908144351p:plain

【個体紹介】

f:id:skuma470:20170723162015p:plain

アーケオス★(NN ドスマッカォ) @きあいのタスキ

 陽気 S252・A248・H4・D4 弱気

 岩石封じ/クロバット/ステルスロック/挑発

アクバ枠。この大会出るなら何があろうとコイツを使うと決めていた。この大会で優勝してXY以降に失った「アクロバット使い最強」のタイトルをもう1度取り戻させてやりたいと思った。

PTによっては腐る可能性があるアタッカー型は、選出のパワーを下げることにも繋がると考え、絶対に腐らない個体になるよう起点作成型にした。サポートに徹してもらうため、攻撃技には岩石封じを採用。アクバをメインウェポンにすることは叶わなかったが、命中安定技と捉えて使っていた。

基本的に先発で相手の展開を阻害しつつステロを撒いて後続に託していく。柔軟な動きが可能でSもかなり高いので上からの阻害力はかなりのものだった。ひたすら急所に当てられてた気がする。

NNはどこぞの狩りゲーから。全試合選出。

f:id:skuma470:20170703205157p:plain

リーフィア(NN ひおうぎ) @湿った岩

 腕白 H244・B204・D60 葉緑素

 リーフブレード/雨乞い/欠伸/バトンタッチ

大会ということでリーフィアをPTの主軸に据えたいと思い用意したとっておきの青時雨型。

大会の性質上「アクバ枠・自動雨・メガラグ」は選出3体がバレて天候要員がいる場合に取り合いになるサイクル戦が発生すると思ったので(アーケオスが特性上サイクル戦に向かないのでやりたくない)、そこまでケアするならこの大会においては、雨乞い始動は非常に有用であると考えた。また、リーフィアなら雨で重いナットレイ絡みの宿り木サイクルやカプ・レヒレにもある程度強く出られるとも考えた上で真剣に採用した。ただし、即効性のある展開が出来ない(手動雨)ので対面させる相手は選ぶ必要がある。

技構成は、リーフブレードと雨乞いまで確定。残りをステロと相性がよくマンダのサポートにも適した欠伸とメガラグに出来るだけ有利対面を取らせられるようにバトンタッチとした。

耐久はD方面を眼鏡レヒレのムンフォ確定耐え、臆病コケコのマジシャ2耐えまで振り、Hを奇数にして残りをBに振った。これでも意地珠ミミッキュのじゃれが乱数3発、陽気ミミッキュの剣舞Zじゃれを最高乱数1個切って耐えるので十分な耐久があった。ガブの地震急所+龍Zを耐えた時はときめいた。

NNはアヤメ科アヤメ属の多年草から。花言葉は「誠実」。選出率4/5

※青時雨(あおしぐれ)とは、青葉から滴る水滴を時雨に見立てた夏の季語。

f:id:skuma470:20170806182116p:plain

ラグラージ(NN ポチョムキン) @ラグラージナイト

 意地っ張り AS252・D4 激流/すいすい

 滝登り・地震・れいとうパンチ・雨乞い

今回のエース枠。多いだろうと予想したポケモン達全般に強く、火力素早さ耐久全て申し分なく、1度展開してしまえば止めにくいポケモン

努力値は、単体性能を伸ばすためASぶっぱとし、Dに端数を振ってDL調整。

技構成は、4つ目を馬鹿力と雨乞いで最後まで迷ったが、リーフィアを明らかに刺さっていないPTにも無理やり連れていくことに僕の心が耐えられなかったので精神的なケアとして雨乞いにした。(馬鹿力で試運転してる時に飛行統一に出会ってリーフィアを渋々連れていったらボコられて入院した)

初めて使ったメガシンカだったが、かなり使いやすかった。あと強運の持ち主で急所に当てるわ技避けるわでごり押しの化身だった。ただ、僕はこの大会の1回戦で1回、2回戦で1回、決勝1戦目で2回で決勝2戦目で1回と合計5回の急所を貰ってるのでその分がコイツに宿ってた説はマジである。NNは某格ゲーから。選出率4/5

f:id:skuma470:20170703205320p:plain

ボーマンダ(NN サベージ)@ボーマンダナイト

 陽気 AS252・H4 威嚇/スカイスキン

 捨て身タックル・地震・龍舞・羽休め

第2エース。雨ラグが刺さらない場合の裏選出。SMに入ってからメガ枠はコイツかリザードンばかり使っていたので使い勝手は良し。

並び的にはラグ始動の積み構築に見えるので、「相手はマンダに厚く出してくるだろう」という読みを一方的に見据えることができた。見据えるだけだった。

正直出す気はなく草タイプの選出抑制が主な仕事。元々慎重HDのマンダにしていのだが、試運転している内にASマンダが恋しくなって2日ぐらいでコイツになった。

NNは野蛮そうだからそのまんま。選出率1/5

f:id:skuma470:20170816223355p:plain

ウルガモス(NN ステイル) @ホノオZ

 控えめ H4・B124・C124・S252 炎の体

 蟲のさざめき・オーバーヒート・ギガドレイン・蝶の舞

不意打ちからメガラグを通すことを軸にしているので「ラグマンダウルガ」の並びを意識させつつメガラグの敵になる草耐久ポケモンを選出抑制する枠として採用。

また、必中技(Z)持ちなのでフワライド軸の小さくなるバトン展開に積極的に出せる。H239D106のフワライドをステロ込みのZオバヒで確定1(D上昇シードは無理)。

耐久はA76フワライドのアクバ、A200マンムー地震+礫確定耐えにして、少しでも対面でフワライドに、地震への後投げ前提でマンムーに有利になれるようにした。マンムー地震へ後投げ→礫→耐えてギガドレ(回復)→次の対面が理想。SMで使ってたガモスは大体コイツ。

ギガドレインマンムーやここまでで重たい水タイプへの打点として採用。2舞ギガドレでH振りレヒレがステロ込み高乱数で落ちる。

NNは某ラノベのキャラから。選出率0/5

f:id:skuma470:20170703205408p:plain

ジバコイル(NN フレミング) @突撃チョッキ

 控えめ H236・C252・S20 アナライズ

 10万ボルト・ボルトチェンジ・ラスターカノン・めざめるパワー(氷)

上記5体ではカプ・テテフゲッコウガパルシェンあたりと何故かアクバの通りがエグくなってしまっていたのでそこらに比較的強いチョッキジバコイル。特に語ることはないが使い慣れた個体ということもあって自然に採用できた。

NNは理科のテスト中にみんなやってたアレから。選出率1/5

【基本選出】

アーケオスリーフィアラグラージ f:id:skuma470:20170908144406p:plainf:id:skuma470:20170908144358p:plainf:id:skuma470:20170908144334p:plain

この選出をするために組んだPTなのでよっぽどのことがない限りこの選出。
【欠点】 

ゲッコ&パル・・・死ぬほど刺さってる。頑張る。

ポリゴン2・・・具体的な突破手段がない(使わないでしょwって思って切った)。

ミミッキュ・・・全抜き構築の天敵。どうしても律速になるのでごり押し以外ない。

その他、メガラグで上を取れずワンパンできないポケモン

 

 

 

 

【結果・反省】

準優勝( ´◔∀◔‘)!!!!!!!!

惜しかった…。けど、この大会で使いたかった3体を無理なく基本選出にしてこの成績だったのは少なからず自信にはなった。また、機会があれば次こそは優勝したい。

PTの出来自体にはそれなりに満足していて、リーフィアを活かしつつガチ対戦ではあまり見ないギミックを仕込めたことも楽しかった。大会だし折角ならレートでは見られないPTにしたかったという思いもあった。

改善点があるとすればポリ2に薄いのは分かっていたので耐久型に厚い裏選出を組む方が賢明だったこと…かな?ただ、裏選出もアタッカーよりにしたのはステロと相性も良く上から役割集中でインスタントに圧力をかけられる方が強いと思ったことと個人的な信頼から来ているもので、当時の僕に「耐久潰しのマンダを使え」と言っても聞き入れないと思うのでこれで良かったとも言える。「今思えば」という改善点はいくらでも思いつくが、当時は「これで勝てる!」と思って連れてきた6体だったので今も後悔はない。勝てなかったのは悔しいけど。

 

【まとめ】

構築を考える時間も対戦している時間も楽しくて参加して本当に良かったなと思いました。主催のパンオレさん今回はお誘いいただきありがとうございました!また、本戦で対戦してくださった皆様、試運転やフレ戦に付き合ってくれた皆様、本当にありがとうございました。

 機会があれば次もアーケオスで出ます!!!!!!!!!